真空管ラジオ GENERAL 4D-1 修理記録
2016.7.3-2016.7.28



外観は意外と綺麗だ
 
内部は埃と塵と虫の抜け殻
 
錆びだらけ
 
1949年に新発売(官報 真空管ラジオデータベースより) 60年以上経過!
 
水洗い
 
 
コイルは両方とも断線 トランスは各巻線導通あり バリコンも錆びだらけ
 
 
 
添付回路図? (真空管ラジオデータベースより)
修  復
バリコン重層の薄め液で洗浄、綺麗に成った、絶縁抵抗も大幅に改善 1000MΩ以上(500v)
 
PTのヒューズホルダー交換
 
電解コン交換
   
パーツ取付配線
   
   
アクリルパネル新装 鼠公のかじり跡の補修、木の粉とフエキのりで整形
 
サランネットの洗浄、これ以上は綺麗にならない ケースに組込
 
完   成