JR1YHY はんだ付けクラブ

発会趣旨&はんだ付けうんちく(pdf)

JR1YHY忘年会 
第20回
武蔵村山ハムクラブ第20回忘年会を開催しました。
2015年11月28日


 
武蔵村山市ハムクラブ主催第5回ハンダ付けクラブ発表会 武蔵村山市さくらホール 平成25年2月24日 10名参加し情報交換した。
 

HJR作品(エッジ破損のSPボックスを安価で購入、Tシャツ生地で再生)
 HJR作品(2SJ50のAMP電池で10w出力)

   
  
 FNA作品(ラジオ受信周波数カウンター2式,
LEDライト2式、ラジオ少年KIT2050)

GJY未完成品(ラジオのつもり) 

   
 
 WJT作品(2トーンジェネレ-タ)

HOW(デリカデップメーターの披露) 

   
 
 
 武蔵村山市ハムクラブ主催第4回ハンダ付けクラブ発表会
武蔵村山市さくらホール
平成24年2月26日
JL1EQGの作品 
   

可変安定化電源、右のケースはアルミコラムを使用

計画停電ライト(節電ライト)スタンドタイプは芸術品で皆から絶賛

JA1HOWの作品
   
3A5トランシーバーと人体検知器 3A5トランシーバーの内部、当時は貴重な部品でした
 
 430MHZ方法探知機ANT
 JO1FNAの作品
   
 1V1 自作のコイルは見事です 1V1 シャーシを自作、なんとST管 
 JA1MUJの作品
 
電動とんび 
JJ1TBUの作品  
  

初参加のTBU作品 ツエップマッチング部Cは同軸を使用,既製品並みの出来栄え、お見事

JA1WJTの作品 
 

安定化電源(オペAMP調整用) 

JR1HJRの作品 
   
2SC1815を6パラ 2WステレオAMP 
SPの説明があったが難しくて理解できなかった当日はBGMを流す
(白い箱は自作のスーパーウーハ―・アンプ内蔵・SPは無名の16cm・良い音出していました。 fna) 
JAA1GJYの作品
 
TH21に外部電池とANT取付け 
ほかに50Mhzのトランシーバーの試作品?を持参。未発表!
 
   
   
 
            
           
武蔵村山市ハムクラブ主催第3回ハンダ付けクラブ発表会
武蔵村山市さくらホール
平成23年4月23日
各局の作品発表

HJRの作品
HJR作品(SW用TRアンプとP−CH MOSFET SEPPアンプ)

EQGの作品
計画停電LEDライト

照明フード利用防犯カメラとコントローラー


KOYの作品

塩ビ管スピーカー

GJYの作品

鉱石ラジオ 大型コイルにより感度抜群!

LMF501+NJM2073D ラジオ

FNAの作品
トランジスタラジオ各種
1石トランジスタラジオ・2石+1ICストレートラジオ・1石フレックスラジオ
2石AMスーパーラジオ・4石AMスーパーラジオ
4石AMスーパーラジオ
1石トランジスタラジオ
はんだ付けクラブ発表会(第1回)
 
 2010-2-14 中村電子(株)にて
武蔵村山山ハムクラブ会員が集まり自作のラジオ、アンプ等を持ち寄り発表会を開催した、当日は8名の参加を得た。

各局の作品発表
hjr製作  
ダンボール紙で製作のバックロードspボックス 製作趣旨と作り方の説明があった。
視聴結果は低音が出ていい音、べたほめであった、製作者は大変喜んだ。
   12AT7 ボトルアンプ これまた「べたうけ」
籠の中が12AT7ボトルアンプ

ujx作品 
50Mhz AM TX 基配線図に誤記があり製作途中
ujx作 くもの巣コイル郡 厚紙(廃品利用)

fna作 
501Tラジオと鉱石ラジオ
 クラウンコイルの製作説明があり、芸術的に優れており、鉱石の探り部(検波)は昨年のハム祭りで購入

gjy作 
鉱石ラジオと50Mhzの送受信機製作途中
巨大コイルとバリコンの鉱石ラジオ
内部写真が無いのが残念

UJX製作各種アンプ 
ダンボール製バックロードホーンSPで試聴
42PP

807Sアンプ

Trアンプ

発表は来年(2010)正月ですが現在の成果品

HJRの作品
ダンボールスピーカーシステム 2009_12_26
ダンボールSP工作レポート 要クリック 必見!

幻の真空管アンプ(6080PP ST_ANP) 別名炬燵アンプ?

手作りアンプの会 2009年夏 お寺大会に出品(ページの真ん中当たり掲載あります)
http://www.tezukuri-amp.org/shibu/kantou/otera/2009summer/index.htm
ワインアンプ 12A-U7_PP 音と共にSPからワイン・・・
コンピュータ制御の巻線機 全てのアンプのトランスはこの巻線機で製作


WJTの作品

ハムフエアーで購入のR4C

周波数表示部分がデジタルに改造されていた。  表示部エスカッションを製作、マイコンを受信周波数表示にした)
表示部背面(ピックマイコン)  第1IFフイルター切り替えリレー
コリンズ電源(自作512F)  シャシーは自作(右下部は電源入り切り用リレー) 

GJYの作品  その2
GJYの最新作(平成21年12月1日)
プロ級並みの出来栄えです
箱は流用 中央はダイオードOA79 右は同調バリコン

GJYの作品  その1
その2

山本さん作品  
その1 その2
工作技術はプロ並

つまみは旋盤で工作、周波数表示は全円分度器を利用

UJXの作品 最新作 2009-11-17
力作ぞろいです。
501T プラスAFアンプ 

巨大ループコイル


複同調


固定CをSWで切り替え選曲局

UJXの作品
その1                                             その2 そびえ立つアンテナコイル
その3(箱は100均で購入升風箱)
その4 NJM2073Dアンプ
その5

FNAの作品
クラウンコイルを使用した鉱石ラジオ

ICラジオ その1 ケースは百均の2合枡

ICラジオ その2 ケースは百均で調達

NJM2073D JRC低電圧オーディオアンプIC BTL